志太地域に特有なお祝い事の中から、
子どもの成長を祝うものを幾つかご紹介します。
●「でぶるまい」
 「でたぶるまい」
静岡県中部地域では「でぶるまい」とも「でぎょう」ともいい、産み月の戌の日に、実家が嫁ぎ先へ紅白の餅を届け、近所へ配ります。
静岡・清水・庵原などでは、出産予定日より早く生まれたときは、やむをえず出産後にしますが、志太・榛原地域にかけては「でたぎょう」「でたぶるまい」といい、出産後の内祝とします。
●初誕生
(はつたんじょう)
子どもの初めての誕生日を祝う行事です。初誕生の際に一升餅を風呂敷に包んで子どもに背負わせる、「背負餅(しょいもち)」という風習もあります。
ちなみに、背負餅のやり方には地域や家庭によって多少異なるようで、餅を背負った子どもが転ばない方が良いという場合や、わざと転ばす場合もあるようです。
●初節句
(はつぜっく)
数ある子こどものお祝いのうち、もっとも華やかな行事です。子どもが初めて迎える桃の節句(3月3日)、あるいは端午の節句(5月5日)に、実家や親戚、仲人などを呼んで祝います。
かつては、身内以外も呼んで行うのは第一子か長男のときだけした。また実家では、ひな人形やこいのぼり、天神人形、鍾馗(しようき)人形、市松人形、破魔弓などを、また親戚や仲人では別の人形を贈って祝いました。
●七五三
(しちごさん)
かつては子どもが3歳、5歳、7歳の11月15日に氏神に詣でる武家のしきたりがあり、その名残りとして今も続いています。
子どもが育つ節目に、その無事な成長を喜び、育てた親を祝福する意味が込められています。

髪置(かみおき)の祝い…
3歳は髪をのばし始めるときとして、男女ともに祝います。子どもには祝い肴を着せます。

袴着(はかまぎ)の祝い…
5歳は男子が袴を着け始めるときとして祝います。男子は紋付羽織袴に白足袋、畳表の草履姿という格好です。

帯解(おびとき)の祝い…
7歳は着物を紐で締めていた女子が帯を使い始めるときとして祝います。
女子は四つ身本裁ちの友禅振袖に金欄の袋帯、胸に筥迫(はこせこ)、帯に扇子の姿です。

どれも盛んな行事ではありますが、すべてを行う必要はありません。
9歳に男女とも一回だけ祝う地域もあります。
いまは祝い着も普段より少し改まった格好をさせる程度にし、宮参りは参拝だけにする人が多いようです。

●成人式
(せいじんしき)
かつて武家や公家では、男子は15歳で元服(げんぷく)し、髪を結って烏帽子を着け、一人前の男とみなされました。女子の場合は年齢に決まりはありませんが、髪上げをして一人前とみなされました。
現在では各市町村で成人式が行われ、二十歳(はたち)の若者たちが晴れ着で参加するのが一般化しています。